弁護士紹介

雨 宮 正 啓 Masahiro Amemiya

パートナー

amemiya@maritimelaw.jp

 

1986年 早稲田大学法学部卒業
1989年 株式会社日通総合研究所入社
1991年 早稲田大学大学院法学研究科民事法学専攻(修士課程)修了(法学修士)
1999年 弁護士・海事補佐人登録(小川総合法律事務所)
2004年 英国海事法律事務所にて実務研修(Thomas Cooper & Stibbard (現在 Thomas Cooper LLP)、Hill Taylor Dickinson(現在 Hill Dickinson)、Thomas Miller)
 2005年 中国海事法律事務所にて実務研修(Wan Jing & Co)
2018年 雨宮総合法律事務所設立

得意分野

海上・陸上・航空貨物求償・防御、船荷証券・海上運送状等運送契約、傭船契約、船舶建造、船舶売買、代理店契約、衝突その他海難事故、海上保険、倒産案件

役職

早稲田大学客員教授、大連海事大学法学院客座教授、海法研究所〔早稲田大学総合研究機構〕客員上級研究員、日本海法会評議員、日本海運集会所海事仲裁委員会仲裁人、日本海運集会所書式制定委員会委員、元・法務省法制審議会幹事(商法(運送・海商関係)部会)など

主要著作

共著
佐藤達朗=雨宮正啓『船会社の経営破綻と実務対応』(2017年・成山堂書店)
箱井崇史編著『船舶衝突法』(2012年・成文堂)(住田正一海事奨励賞)

分担執筆
雨宮正啓=李剛「中国における船舶優先権」箱井=木原=雨宮=吉田編『船舶金融法の諸相-堀龍兒先生古稀祝賀論文集』所収(2014年・成文堂)
藤田友敬編著『アジア太平洋地域におけるロッテルダム・ルールズ』(2014年・商事法務)
日通総合研究所編『最新物流ハンドブック』(1991年・白桃書房)

監修
佐藤達朗『国際物流のクレーム実務』(2009年・成山堂書店)