弁護士紹介

榮 真 之 Masayuki Sakae

パートナー

sakae@maritimelaw.jp

 

2000年3月 中央大学法学部卒業
2004年10月 弁護士登録(堂島法律事務所)
2010年1月弁護士法人堂島法律事務所東京事務所に移籍
2016年3月 早稲田大学大学院法学研究科民事法学専攻「国際海事問題の法と実務」(修士課程)修了(法学修士)
2017年 英国海事法律事務所(Reed Smith LLP)にて実務研修
2018年1月雨宮総合法律事務所設立
シンガポール海事法律事務所(Reed Smith LLP)にて実務研修
2018年2月 海事補佐人登録

得意分野

海事事件(貨物求償・防御、船荷証券、傭船契約、海難事故等)、不動産取引(売買、賃貸、媒介等)、各種損害賠償請求事件(PL、交通事故等)、会社法務、債権回収、倒産事件(破産、民事再生等)、家事事件(離婚、相続等)

役職等

東京弁護士会住宅紛争審査会紛争処理委員
西武鉄道株主弁護団
経営革新等認定支援機関
日本海法学会所属

主要著作

共著
堂島法律事務所編著『Q&A 震災と債権回収・倒産対応』(2011年・商事法務)
中井康之監修、堂島法律事務所編著『実践!債権保全・回収の実務対応 担保取得と実行のポイント』(2008年・商事法務)

分担執筆
四宮章夫=中井康之監修、上甲悌二=軸丸欣哉=名倉啓太編『新青林法律相談25 倒産・事業再編の法律相談』(2010年・青林書院)

論説
榮真之「有価証券報告書の虚偽記載と株主の損害」『消費者法ニュース』第67号所収(2006年)